ゆめごと
えいととかにゅーすとか。
http://croucroutonton.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
グリムス∞エコマーク

矢部「さあ、今夜は雨も滴るいい男の大倉くんと、いい女の桐谷さん、あとは芸人の皆さんと一緒に雨トークをやっていきたいと思いまーす」
と、立ち上がったのは丸山と横山。坂下千里子にIKKO。ここまではいいとして、なぜかハリセンボン2人とオリラジあっちゃんまでブーイングをしています(笑)。ただし丸山はなぜか矢部に深々とお辞儀。そんな丸山を横目で見ながらも…
横山「ちょっと待って下さい。僕ら、一緒のメンバーなの」
矢部「それは分かってる」
というやりとりの最中、序盤にも関わらず集中力皆無で鼻の横を掻く大倉。
横山「いや、今日も、あれなんですよ。打ち合わせあったんすけど、あの『ちょっと大倉君とは別で…』みたいな感じで言われたんすよ」
オリラジ藤森「打ち合わせで」
横山「グループ内でもう、格差が出来てきてるんですよ」
立ち上がってまで現状を訴える横山を、座ったまま楽しそうに眺める大倉(笑)。

IKKOが『レイニー ブルー』の歌詞について語っている中、食い気味に…
横山「全然入ってこないんすけど!」
土田にも「全然興味が湧かねえ」と言われ「背負い投げ~」をするIKKOの横で
丸山「わ!出た!出たああ!」
とガッツポーズをして喜ぶ丸山。
「付き合ったことゼロ」と言うハリセンボン春菜の前の席で手を叩いて大笑いをする大倉。右手でゼロを作る様子が神々しい(笑)ため「手を合わしとこう」と言う矢部に乗っかる雛壇芸人達といい男・いい女。
丸山「待ち受けにしたい!」
そんな春菜に対し、物凄く上からな発言が。
横山「どんまい、どんまい」
ハリセンボン春菜「何もしてないのに!?」
そしてなぜかハイタッチを求める丸山。
丸山「イエ~イ!」
ハリセンボン春菜「(ハイタッチに応えつつも)何でよ?何でハイタッチなの?」

矢部「じゃあ、どうやろうIKKOさん。じゃあ、この関ジャニの3人がね、3人で取り合いしてきたら」
IKKO「私を?」
矢部「ああ、IKKOさんを。例えばよ?」
IKKO「私?…丸山君。いや、何か、」
矢部「他の人と何が違うの?」
IKKO「何か、丸山君だと、私が悲しい時にいつも傍にいてくれそう」
と言われ、満面の笑みで横山を見る丸山。
横山「めっちゃ嬉しそうやん、お前。何やねん」
丸山「悪くないね」
笑いが止まらない大倉。
丸山「凄い、あの、ピュアですよね。言葉とか、言うてることが」
と真面目にコメントをする丸山を笑ってはいけないと思いつつも堪え切れない横山と、面白いなあと他人事感満載の顔で見つめる大倉。
IKKO「分かるでしょー?」
丸山「ピュア。ピュア」
IKKO「そうそう」
そんな丸山とちょっと離れて物理的に距離を置く横山(笑)。

歌詞にひっかけて「都合のいい女でもいい!」と大胆発言をするハリセンボンはるかに
丸山「ちょっと、興味湧きますよ。こういう意外なところを聞くと」
大倉「お前、気が多いな」
矢部「丸山君、幅広いんちゃう?」
オリラジあっちゃん「丸山君、今、おじさん(IKKO)から死神(ハリセンボンはるか)まで…」
そう言われて手を叩いて笑っているのは、何と丸山本人。

桐谷美玲と「脱いだら一緒」と豪語するハリセンボン春菜にブーイングが。それに対し「お前らこっち寄りだかんな!」と叫んだハリセンボン春菜の前の席で丸山・横山・大倉が手を叩いて楽しそうに笑っております。

当時29歳の森高千里を見て…
横山「めっちゃ可愛いな」
素な感じのコメントですが、しっかり歌詞の切れ目を見つけて言っている辺りが横山らしいです。

昭和・平成と5位から発表されていく中、昭和の第3位発表中にもうぼんやりしてきた大倉。そんな大倉の隣の席では…
横山「綺麗なあ!」
…と、今度は賛同者が。
羽鳥「綺麗ですねえ」
今度は歌っている最中に喋りました(笑)。生で聞いたことがあるからって…

IKKO「羽交い締め~!」
丸山「何それ!?」
というやりとりは置いておいて…なぜか丸山が語り出しました。
丸山「ま、一番理想的な考えとしては、やっぱりあの、相手にね、別れてからも幸せになって欲しいなって、思えたらいいんですけど、いかんせん僕もまだ子どもなので、そういう意味では…」
矢部「ああ、そうなんや」
丸山「嫉妬したりとか、次の恋とか聞いたらやっぱり嫌ですね」
横山「ちょっと待って。ジャニーズやろ?ジャニーズってこんな赤裸々でしたっけ?」
丸山「(カメラを指差し)分かるよね?皆も、ねえ?(振り返り)分かりますよね?ねえ?ねえ?」
オリラジ藤森「ありがとうございます」
丸山「世の男性とそんな変わらないんじゃないですかね。僕もアイドルである前に(ジャニーズスマイルをカメラに向けて)男なんで!」
盛り上がる会場に…
横山「『フ~』じゃないよ」

『氷雨』を歌った佳山明生の「何で歌い手がパイロットの格好をして歌わなきゃならないの?」という思い出を聞いた後、その映像を見ることに。パイロットの格好をして、滑走路に見立てたライトを並べたステージで歌う佳山さん。
丸山「(まだ数文字しか歌っていないのだが)もうアカン!」
横山「めっちゃシュールな画やん、これ!」
関ジャニ∞のメンバーはコメントしていませんでしたが、曲の終わりには飛行機の模型がゆらゆら揺れながら空に飛び立っていくというショボい演出もされておりました。いい曲なのに…(笑)。

『はじまりはいつも雨』を観る際
羽鳥「ついついマイクから離れて歌ってしまうASUKAさんの不思議な歌い方に注目してご覧下さい」
が気になって歌が全く入ってこなかったのは私だけではなかったはずです(笑)。いつも過去映像のコメントを言っていない部分はばっさり切り落としてしまうのですが、この曲は大倉の笑顔があまりにも可愛かったので面倒臭さを感じずに編集作業を行いました。ついでに、なぜか目が泳いでいる横山も取っておきました(笑)。

そして本題。
矢部「この曲は心に感動の雨を降らせてくれるんですか?」
丸山「(深みのある感じで)…はい」
大笑いする大倉。
丸山「このスタジオとのギャップを楽しんで頂きたいなと思います」
大倉の髪型がまだ短くないので『100回泣くこと』とのリンクが半端じゃないですね。そして相変わらずサビの最初の「き」で村上、「み」で横山、「と」で錦戸がアップになります。ただし錦戸はなぜかアオリでした。そして恒例の『丸山のアップはいつくるのか問題』。大倉、渋谷、安田、村上、横山、錦戸とトントン拍子にきて、まさかの錦戸二回目。いつくるんだ?と思ったら、サビ中盤でやっときました!そして、丸山以外のメンバーが二回目のアップを迎える中、錦戸に三回目のアップが。どうか丸山の二回目を…と思っていたら、曲が終わりました(笑)。「涙の答え」での丸山の扱いは、こんな感じなんですね…!

音楽のちからの宣伝が挟まり(HDDの準備はお早めに)、やっと『100回泣くこと』の宣伝が。
大倉「6月22日公開のですね、『100回泣くこと』という映画が、えー、そうですね、公開されます。はい。僕演じる主人公が記憶を失くしてまして、で、まあ余命を告げられた彼女との純愛ストーリーですね」

大倉、錦戸に比べて映画に関するコメントが下手くそ極まりないです(笑)。
それでは。
ブログランキングならblogram
スポンサーサイト
 
 

Comment


秘密にする

有明海

Author:有明海
ありあけ・うみ。基本的にアホ。えいたーであり、ぱーなでもある。

文章が長い人間は悪い意味でヤバいことが多いそうですが、その通りの人間です。 絡み辛いことこの上なし。 ただし愛は迸っておりますので、そこんとこよろしく。 そんな感じです。

色々参加中です。
blogramのブログランキング

ぴこぴこ (21)
えいとごと (71)
にゅーすごと (40)
じゃにごと (39)
どうでもいいこと (52)
よほう (20)

この人とブロともになる

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ゆめごと, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。