ゆめごと
えいととかにゅーすとか。
http://croucroutonton.blog.fc2.com/

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
グリムス∞エコアクション

豪太と晴子の恋愛は発展するのか!しないのか!零分十分ですね!…いや、ほんと晴子はそういうんじゃないんだって。なっちゃったら幻滅だって。私は何だか三雲の気持ちが分かってきました。違うんです、晴子は。いや晴子とか呼んじゃいけないんです、あの方を。神ですよ、神。

…などという冗談はさておき、可愛い豪太セレクション+α。
そもそも晴子って人々の命を守ってないよね?常に "既に死んでしまった" 状態から始まるよね?という疑問はさておき…身体の硬い晴子もさておき。千円札や500円玉とナイフが見つかった現場で事情聴取をする豪太。しかし、豪太がこの班に配属されてからというもの、不思議な事件が起き過ぎている。きっと豪太はコナンとかはじめちゃんとかと同じ運命を背負っているのだろう。ナイフから誰のものか分からない血が検出されたとあって、ちょっとやる気を見せる豪太。ただし実際に死体を目の前にすると、やっぱり目を伏せたり(って死体は足元にあるんだから目を伏せても意味は無かろうよ)顔を背けたりするヘタレな豪太。不思議な事件は晴子に聞けばいい!と思っているのだろう、蜜の味へと足を運ぶ他力本願な豪太。蜜代から晴子と二人でヨガをやってきたと聞かされ「やらしい」「やらしい」と三雲共々バカさをフルスロットルで発揮する豪太。蜜代の話を聞いた晴子が「煩悩って何ですか」と疑問符をつけずに質問をし、三雲に聞いているにも関わらず「108つあるんですよね」としゃしゃり出る豪太。「数えられるものなんですか」「着物を着るんですか」とシンキングタイムゼロで聞きまくる晴子に「今夜はやけに突っ込みますね」と驚く豪太。そんな中「ではこの前、青木さんが私に抱きついたのは煩悩ですか」とブッ込まれて大慌てな豪太。余りの衝撃に動きを止めた三雲と、完全に恋愛として受け取ってからかってくる蜜代に一生懸命言い訳をするものの、言えば言う程信用が無くなる可哀想な豪太。自業自得である。「バカ」と蜜代に言われ不満気にむくれる豪太。翌日、三雲の妄想で前から抱きついている豪太。恐ろしく間抜けなキス顔をしながら晴子に迫った時、強風で飛ばされて来たやかんが頭にぶつかり地面に倒れ込む豪太。ぴくぴくと痙攣する豪太を想像してニヤける三雲。この尺が丸ごと無駄な気がするのは私だけだろうか。そして、なぜか捜査報告を一身に担う豪太。不思議な事件が起きたら豪太に任せてしまおうという先輩方の思惑が透けて見える。被害者と別れた女性であるヨガ教室の先生に話を聞きに行き、そこで蜜代と晴子の名前を発見する豪太。(どうせ警察に定時などというものは無いであろうし)蜜の味に聞きに行けばいいものを、ちゃっかりテレビ局に聞き込みに行くミーハー丸出しな豪太含む捜査一課。スギちゃんを知らず、記憶の引き出しを漁ってラーメン屋のバイトをしている人だと特定する記憶力だけは凄い豪太。女子アナは知っているのにスギちゃんを知らない豪太の人間性が垣間見える。晴子と会うも、特に話しかけられることも手を振られることもなく、淡々と事情聴取を進められて置き物状態な豪太。その後女子アナ3人衆とすれ違い、茜から話しかけられてドヤ顔をする豪太。実に腹の立つ顔である。そして、女子アナから「安倍晴子の彼氏、かっこいいじゃないですか!」と陰でキレられる豪太。ヨガ教室の先生が怪しいと睨むものの、アリバイが崩せずに悩む豪太in蜜の味。晴子の力を借りようという意思がスケスケだぜ!そんな豪太の浅はかさを知ってか知らずか、というか興味が無いのだろうが、晴子は豪太を検証に誘う。抱きつかれた方も抱きついた方も変に意識をしないところが一番不思議である。三雲が「今頃川縁で…」とおかしな妄想をする中、淡々と説明をする晴子と、アホ面でそれを聞く豪太。晴子が三雲に頼んで流し素麺をする…と思いきや「検証が先です」とお預けを食らって落胆気味な三雲と豪太。殺人事件の検証だというのに「行きやす!」と素麺を持って満面の笑みを見せるアホの子豪太。検証が終わったから食べ始めるのかと思ったら、謎が解けたことを上司に報告しに出て行ってしまう忙しい豪太。晴子はプライベートレッスンを利用して煩悩の謎を解きに、誰にも知らせずヨガ教室へと行ってしまう。それに勘付き、またしても三雲の部屋から飛び出していく慌てっ放しの豪太。先輩とヨガ教室に乗り込み、真っ先に「安倍さん!」と声をかける公私混同極まりない豪太。その割には、足がつって立てなくなった晴子を放置してヨガ教室の先生にお札を流した理由を聞きに行く好奇心を隠し切れない豪太。事件解決のお祝いに、三雲が作った流し素麺セットで楽しむ三雲と蜜代と晴子と豪太。晴子のサインを欲しがる上司達に困っている豪太を、偽サインをすることで助ける蜜代。それに対し「白黒のハートがいい」と斜め上な理論を展開する三雲。三人揃ってバカである。翌日、晴子にわざわざ礼を言いにテレビ局を訪れる豪太含む捜査一課。偽サインで喜ぶ上司と先輩に笑いを堪える嫌な奴、豪太。その後、様子のおかしな茜を見て不審に思い、かつ茜のストーカーにしっかり「あの人…」と反応する豪太。ストーカーの件にも役に立つ…といいのだが。

「バカは可愛いって意味よ」という蜜代の言葉が沁みる。確かに、バカを可愛いと思えなかったらエイターは出来ない(笑)。
それでは。
blogramによるブログ分析
スポンサーサイト
 
 

Comment


秘密にする

有明海

Author:有明海
ありあけ・うみ。基本的にアホ。えいたーであり、ぱーなでもある。

文章が長い人間は悪い意味でヤバいことが多いそうですが、その通りの人間です。 絡み辛いことこの上なし。 ただし愛は迸っておりますので、そこんとこよろしく。 そんな感じです。

色々参加中です。
blogramのブログランキング

ぴこぴこ (21)
えいとごと (71)
にゅーすごと (40)
じゃにごと (39)
どうでもいいこと (52)
よほう (20)

この人とブロともになる

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 ゆめごと, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。